グランジェはオフしやすい?

グランジェのオフのしやすさ

店舗でもセルフでもジェルネイルをするときに考えておきたいのが「オフのしやすさ」ではないでしょうか。急な冠婚葬祭などジェルをオフしなければいけないイベントなどもあったりします。そんなときにオフしにくいのはネックになりますよね。無理やり削って爪を痛めてしまうかたも多いといいますので、「オフのしやすさ」は1つのポイントとなるでしょう。

 

たとえばショップでネイルをやってもらってるかた、ネイルの施術代で10,000円、オフで4,000円とお金がかかるケースが一般的なのでオフだけでも自分でできないかと考える方も多いようです。しかしショップでやってもらった場合はやはりショップでオフしてもらったほうが安心・確実なんですよね。

 

一方、セルフジェルネイルの場合はどうでしょうか。基本的にはソークオフジェル(ソフトジェル)をつかってネイルをするかたちになるのでいつでもどこでもオフできます。グランジェの場合も同様で、リムーバー使って、アルミホイルで巻く一般的なやりかたでオフすることができます。私の場合は簡単にオフできましたが(技術不足のため?w) 1回でオフ出来ない場合も、何度かリムーバー&アルミで巻いて軽く削る程度でオフできますよ。

 

なによりセルフの場合は自分のタイミングでオフできるのがお気に入りです☆ ショップに行ってやってもらって、となると往復1時間、施術に1〜2時間もかかってたらお金も時間ももったいないなと思いました。もちろんサロンでやってもらったほうがリラックスできていい、というかたはサロンでいいと思いますけど。


このページの先頭へ戻る